2011年6月6日月曜日

アーユルヴェーダを応用したリップクリーム

リップクリーム(『あたまから元気! アーユルヴェーダ家庭療法とヘナで安心美髪』(著者:パティル・シーマ・長澤)より)
 ヒマシ油 500cc
 ラタンジョット(紫根) 125g
 蜜蝋 40g
 精油(お好みの香りとティーツリー) 10滴

作り方
1.ヒマシ油とラタンジョットを混ぜて2週間寝かせる。
2.鉄鍋に入れ弱火にかけて2~3時間煮る。
3.冷めたら布で濾す。
4.蜜蝋をなべに入れ火にかけ溶かす。
5.ヒマシ油を加えて混ぜる。
6.精油を加えて、型に流し込み冷やし固める。


カラーリップのように少し色がつく。
傷のある唇にも使える。


オイルが異なり、当帰が入っていないが潤肌膏、紫雲膏に近いもののように思う。
日本、中国、インド、国が違っても昔から同じようなものを作り使っていたようだ。


ムクティの『ルーパルージュ』という製品がこれに当たると思われる。
ルーパルージュの成分
 ヒマシ油
 紫根
 蜜蝋
 ティーツリー
 ペパーミントオイル