2014年7月21日月曜日

クエン酸シャンプー11日目

クエン酸シャンプーを始めて11日経ちました。

洗っているときの手のヌルヌル感が減っています。ゼロではありませんが、洗い終わったとは手のヌルヌルが気にならないようになりました。

初日、クエン酸水を頭にかけたとき、髪の指どおりが急によくなりました。
ベトベト、ギトギト、ギシギシがヌルリに変化したように感じました。
文字にしてみるとベトベトもヌルリも嫌な響きですが。。。粘度の高く、指が通らないようなベトベト髪。それにクエン酸水をかけた途端、粘度が一気に下がって指が通るようになったという感じです。それでも皮脂が髪にたっぷりというのを感じるので、ヌルリという表現になりました。

10日を越えたところですが、そのヌルリ感が少なくなりました。
クエン酸水を使うと手触りが一気に変化するというのを感じたのは、最初の3、4日くらいでした。日数を重ねるごとにクエン酸水を使ったあとの変化が小さくなりました。
このヌルリ感は、皮脂でベトベトだったころと重なります。ベトベト感が減ると変化が小さくなる。。。もしかしたら皮脂がクエン酸と反応していたのがヌルリ感かもしれない。

湯シャンを勧めているサイトで、湯シャンをしている人に酢を使ってもらったけど、湯シャンと変わらないということが書かれています。
湯シャンを続けている人は、すでに皮脂の量が少ないはず。これを読むとやっぱり皮脂とクエン酸の反応じゃないかと思ってしまいます。
正しい答えが欲しい。。。



クエン酸シャンプーにして11日しか経っていませんが、クエン酸の必要性が少しだけ下がったのかもしれません。
現在、小さじ1/8のクエン酸を使っています。

今日から、クエン酸を小さじ1/16 でいこうと思います。