2014年7月31日木曜日

クエン酸シャンプー21日目

クエン酸で髪を洗うようになって21日目。
出る皮脂が減ったようで、髪が軽い、指通りもいい。


猪毛のヘアブラシが汚れてしょうがない。いつも金属のクリーナーブラシで掃除していますが、ブラシの間に汚れがたまり、べたついていました。
ブラシは洗えばいいかもとは思っていましたが、柄が木製なので躊躇していました。湯シャンでは獣毛のブラシは消耗品、1年くらいで交換というようなことが書かれていた。。。それに高級品ではないのだから、と思い切って水洗いしてみました。

水道の蛇口の下で、水を出しながらクリーナーブラシでゴシゴシ。怖いので短時間で止め、水をきってそのまま乾燥させました。一晩経ちましたが、ブラシは期待以上にきれいになっていました。木の部分も問題ありません。もっと早く洗えばよかった。時々水洗いしようと思います。



頭皮から出る皮脂の量が当初に比べて減ったので、少しだけ使うお湯の量を減らしてみました。夏なのでほんの少しだけ。。。クエン酸の後に使うお湯の量を洗面器10杯から8杯へ変更。
髪を洗う手順はこうなりました。


1. みねばりの櫛で髪を梳く。

2. 猪毛のブラシ(無印良品)で髪を丁寧に梳かす。100回以上ブラッシングする。

3. お湯で洗う。洗面器で浴槽のお湯を汲み、頭にかけながらもう一方の手で頭皮を洗う。このときのお湯の量、洗面器20杯

4. クエン酸0.25mlをドレッシングキーパー(200mlくらい)にいれ、お湯をいっぱいに入れる。それを頭にかけ、手で頭皮・髪全体にいきわたるようにする。

5. お湯で洗い流す。前のときと同様に洗面器で汲み洗う。お湯の量は洗面器8杯

6. タオルドライ後、ドライヤーで乾かす。

7. みねばりの櫛で梳く。



問題ない、いつも通りの洗い上がりのように感じました。
このまま数日間続けて大丈夫なら、また少しお湯の量を減らそうと思います。
もう一つ、お湯の温度は36度前後です。



少し前、シカカイを煮出した液を冷蔵庫で発見。カビてました。
液は1~2週間は冷蔵で問題なく保存できていたのですが、クエン酸シャンプーをするようになってからその存在を忘れていました。
悪くしたのは初めてでした。。。
とってあるシカカイの粉はそろそろ処分しようかどうしようかと迷っています。アムラとカチュール スガンディもある。
カチュール スガンディは使わなくなって時間が経っているので。。。今日捨てようと思います。